医薬部外品ならではの効果とは?

ホワイトニングリフトケアジェルは医薬部外品?

 

 

ホワイトニングリフトケアジェルの公式サイトを見てみると
”化粧品” ではなく ”医薬部外品”と紹介されています。

 

化粧品ってのは私たちが普段使っている、
基礎化粧品やスキンケア用品っていうのは想像できると思います。

 

それじゃあ、医薬部外品って何なの?って思ったので
調べてみました!(笑)

 

すると色々とわかったので、ここであなたにシェアしたいと思います!

 

医薬部外品と化粧品の違い

 

そもそも化粧品ってなに?

 

化粧品は医薬部外品と比べて、成分の効果が穏やかになります。

 

また、化粧品とは治療とか何かを治すってことを目的としていないとのことです。

 

それでは何を目的にしているのかというと、
人の体を清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つ
ということを目的としているんです。

 

医薬部外品とは?

 

医薬部外品には厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、
一定の濃度で配合されているんだそうです。

 

化粧品は清潔とか美化するってことを目的としていましたが、
医薬部外品は「防止・衛生」が目的となっています。

 

ホワイトニングリフトケアジェルでいうと
「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」ってところですね。

 

化粧品との一番の違いは、
効果・効能に有効な成分が配合されているかいないかだと思います。

 

この成分が配合されているお陰で、
ホワイトニングリフトケアジェルを使うことで
本格的なシミ対策を行うことができるんです。